RareS. | 大腸がんの再発リスクを腫瘍浸潤免疫細胞の密度から予測するイムノスコア(免疫スコア)を開発~新たな分類体系として国際合意~ - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 大腸がんの再発リスクを腫瘍浸潤免疫細胞の密度から予測するイムノスコア(免疫スコア)を開発~新たな分類体系として国際合意~ - がん情報サイト「オンコロ」

大腸がんの再発リスクを腫瘍浸潤免疫細胞の密度から予測するイムノスコア(免疫スコア)を開発~新たな分類体系として国際合意~ - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:大腸がん
2018年06月02日 15時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

大腸がんの再発リスクを腫瘍浸潤免疫細胞の密度から予測するイムノスコア(免疫スコア)を開発~新たな分類体系として国際合意~ - がん情報サイト「オンコロ」


術後大腸がん患者の再発可能性を予測できる「Immunoscore(免疫スコア;イムノスコア)」と呼ばれる指標が開発された。イムノスコア は、TNM分類や腫瘍細胞の分化など、従来の解剖学的特徴から得られる情報を元に予測するよりも、高い予後予測精度を持つことが検証され ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:大腸がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking