RareS. | 腸内細菌とがん発症リスクは解明されるのか? 重要度を増す「免疫系のゲノム研究」 - エキサイトニュース

HOME > ニュース一覧 > 腸内細菌とがん発症リスクは解明されるのか? 重要度を増す「免疫系のゲノム研究」 - エキサイトニュース

腸内細菌とがん発症リスクは解明されるのか? 重要度を増す「免疫系のゲノム研究」 - エキサイトニュース

タグ:潰瘍性大腸炎
2017年11月09日 08時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

腸内細菌とがん発症リスクは解明されるのか? 重要度を増す「免疫系のゲノム研究」 - エキサイトニュース


総数に関しては、個体差も、個人内変動もあり、この程度の差は誤差範囲か。 全身の免疫と腸内細菌の関連を示す例は多数ある。たとえば、炎症性腸疾患(クローン病や潰瘍性大腸炎)の場合、食事の種類が病状の悪化・改善に関連することが知られているし、多くの場合、絶食 ...


続きはこちら

引用元:エキサイトニュース
タグ:潰瘍性大腸炎

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking