RareS. | 医学生物学研 チオプリン製剤の重篤な副作用予測用の体外診断薬の承認取得 - ミクスOnline

HOME > ニュース一覧 > 医学生物学研 チオプリン製剤の重篤な副作用予測用の体外診断薬の承認取得 - ミクスOnline

医学生物学研 チオプリン製剤の重篤な副作用予測用の体外診断薬の承認取得 - ミクスOnline

タグ:潰瘍性大腸炎
2018年04月17日 03時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE


医学生物学研究所は4月13日、アザチオプリンなどチオプリン製剤の重篤な副作用予測に用いる体外診断用医薬品の承認を取得したと発表した。チオプリン製剤は、臓器移植における拒絶反応の抑制や潰瘍性大腸炎、リウマチ性疾患に用いられる。服用後早期に重度の白血球減少症や全身脱毛症といった重 ...


続きはこちら

引用元:ミクスOnline
タグ:潰瘍性大腸炎

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking