RareS. | 皮膚バリアに必須の脂質「アシルセラミド」産生の分子機構を解明-北大 - QLifePro医療ニュース

HOME > ニュース一覧 > 皮膚バリアに必須の脂質「アシルセラミド」産生の分子機構を解明-北大 - QLifePro医療ニュース

皮膚バリアに必須の脂質「アシルセラミド」産生の分子機構を解明-北大 - QLifePro医療ニュース

タグ:先天性魚鱗癬
2017年03月06日 13時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

皮膚バリアに必須の脂質「アシルセラミド」産生の分子機構を解明-北大 - QLifePro医療ニュース


アトピー性皮膚炎患者ではアシルセラミド量が低下する。また、アシルセラミドが合成できない遺伝子異常は、先天性魚鱗癬と呼ばれる重篤な皮膚疾患を引き起こす。アシルセラミドの存在自体は30年以上も前から知られており、その重要性も認められてきたにもかかわらず、生 ...


続きはこちら

引用元:QLifePro医療ニュース
タグ:先天性魚鱗癬

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking