RareS. | BRCA変異を有する進行卵巣がん1次治療後の維持療法として オラパリブ(製品名:リムパーザ)が無増悪生存期間(PFS)を有意に延長 - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > BRCA変異を有する進行卵巣がん1次治療後の維持療法として オラパリブ(製品名:リムパーザ)が無増悪生存期間(PFS)を有意に延長 - がん情報サイト「オンコロ」

BRCA変異を有する進行卵巣がん1次治療後の維持療法として オラパリブ(製品名:リムパーザ)が無増悪生存期間(PFS)を有意に延長 - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:卵巣がん
2018年06月28日 10時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

BRCA変異を有する進行卵巣がん1次治療後の維持療法として オラパリブ(製品名:リムパーザ)が無増悪生存期間(PFS)を有意に延長 - がん情報サイト「オンコロ」


無作為化二重盲検プラセボ対照多施設フェーズ3試験SOLO-1の結果が示され、英AstraZeneca社と米Merck社は6月27日、BRCA変異を有する進行卵巣がんの1次治療の維持療法としてPARP阻害薬リムパーザを投与すると、プラセボを投与した場合よりも無増悪生存 ...



続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:卵巣がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking