RareS. | 視線でプレゼン ALS患者が開発、無料公開へ - 毎日新聞

HOME > ニュース一覧 > 視線でプレゼン ALS患者が開発、無料公開へ - 毎日新聞

視線でプレゼン ALS患者が開発、無料公開へ - 毎日新聞

タグ:筋萎縮性側索硬化症
2018年04月01日 13時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

視線でプレゼン ALS患者が開発、無料公開へ - 毎日新聞


筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者のIT技術者が、身体障害者向けの講演システム「Hearty Presenter(ハーティープレゼンター)」を開発した。画面に表示された文字を見つめてその文字を入力する「視線入力」だけで、マイクロソフトのプレゼンソフト「パワーポイント」を操作してスライドをめくり、音声合成による文章の読み上 ...


続きはこちら

引用元:毎日新聞
タグ:筋萎縮性側索硬化症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking