RareS. | STAT3阻害薬で糖尿病モデルマウスの血糖値を改善 効率的なインスリン産生細胞作製法を開発 順天堂大学 - 糖尿病リソースガイド

HOME > ニュース一覧 > STAT3阻害薬で糖尿病モデルマウスの血糖値を改善 効率的なインスリン産生細胞作製法を開発 順天堂大学 - 糖尿病リソースガイド

STAT3阻害薬で糖尿病モデルマウスの血糖値を改善 効率的なインスリン産生細胞作製法を開発 順天堂大学 - 糖尿病リソースガイド

タグ:新生児糖尿病
2018年10月11日 16時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

STAT3阻害薬で糖尿病モデルマウスの血糖値を改善 効率的なインスリン産生細胞作製法を開発 順天堂大学 - 糖尿病リソースガイド


最近、STAT3遺伝子の変異が新生児糖尿病の原因となることが報告されており、ヒトの膵臓発生においてもSTAT3シグナルがβ細胞分化を制御する可能性が示唆されている。今回の研究で、STAT3阻害薬を投与することによりβ細胞新生を効率化し、糖尿病マウスの血糖値を ...


続きはこちら

引用元:糖尿病リソースガイド
タグ:新生児糖尿病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking