RareS. | 岡山大、幹細胞を用いた心筋再生医療の安全性と有効性を確認 - マイナビニュース

HOME > ニュース一覧 > 岡山大、幹細胞を用いた心筋再生医療の安全性と有効性を確認 - マイナビニュース

岡山大、幹細胞を用いた心筋再生医療の安全性と有効性を確認 - マイナビニュース

タグ:単心室症
2014年12月15日 15時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

岡山大、幹細胞を用いた心筋再生医療の安全性と有効性を確認 - マイナビニュース


左心低形成症候群は、左心室が異常に小さい単心室症の一つで、予後不良の先天性心疾患。重度の場合は「心臓移植」しか治療法がない場合があるが、日本では小児の臓器提供者の数が少ないのが現状だ。 同治療法は、心臓組織を約100mg採取し、幹細胞を抽出して10 ...


続きはこちら

引用元:マイナビニュース
タグ:単心室症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking