RareS. | 治療歴のない進行期濾胞性リンパ腫患者に対する免疫調節薬レブラミド+ 抗CD20抗体薬リツキサン併用療法、リツキサン+化学療法に比べて無増悪生存期間(PFS)、120 ... - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 治療歴のない進行期濾胞性リンパ腫患者に対する免疫調節薬レブラミド+ 抗CD20抗体薬リツキサン併用療法、リツキサン+化学療法に比べて無増悪生存期間(PFS)、120 ... - がん情報サイト「オンコロ」

治療歴のない進行期濾胞性リンパ腫患者に対する免疫調節薬レブラミド+ 抗CD20抗体薬リツキサン併用療法、リツキサン+化学療法に比べて無増悪生存期間(PFS)、120 ... - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:皮膚腫瘍
2018年06月27日 18時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

治療歴のない進行期濾胞性リンパ腫患者に対する免疫調節薬レブラミド+ 抗CD20抗体薬リツキサン併用療法、リツキサン+化学療法に比べて無増悪生存期間(PFS)、120 ... - がん情報サイト「オンコロ」


発熱好中球減少症はレブラミド+リツキサン併用群2%に対してリツキサン+化学療法併用群6%、好中球減少症は34%に対して50%、皮膚障害は7%に対して1%、二次性悪性腫瘍は7%に対して9%であった。 以上のRELEVANCE試験の結果よりNathan Hale Fowler氏らは ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:皮膚腫瘍

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking