RareS. | RET融合遺伝子変異のある進行性固形がん患者に対するRET阻害薬BLU-667、客観的奏効率(ORR)50%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > RET融合遺伝子変異のある進行性固形がん患者に対するRET阻害薬BLU-667、客観的奏効率(ORR)50%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

RET融合遺伝子変異のある進行性固形がん患者に対するRET阻害薬BLU-667、客観的奏効率(ORR)50%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:非小細胞肺がん
2018年05月14日 14時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

RET融合遺伝子変異のある進行性固形がん患者に対するRET阻害薬BLU-667、客観的奏効率(ORR)50%を示す - がん情報サイト「オンコロ」


ARROW試験とは、RET融合遺伝子変異のある非小細胞肺がん、甲状腺髄様がん、または進行性固形がん患者(N=53人)に対して1日1回BLU-667 30mgから600mg単剤療法を投与し、主要評価項目として最大耐用量(MTD)、第II相試験推奨用量(RP2D)、治療関連有害 ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:非小細胞肺がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking