RareS. | ALSの原因、抗体で除去 滋賀医科大開発、治療に道 - 北海道新聞

HOME > ニュース一覧 > ALSの原因、抗体で除去 滋賀医科大開発、治療に道 - 北海道新聞

ALSの原因、抗体で除去 滋賀医科大開発、治療に道 - 北海道新聞

タグ:筋萎縮性側索硬化症
2018年05月31日 06時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

ALSの原因、抗体で除去 滋賀医科大開発、治療に道 - 北海道新聞


全身の筋肉が徐々に動かなくなる筋萎縮性側索硬化症(ALS)の原因タンパク質を細胞内から除去する「抗体」を開発したと、滋賀医科大の漆谷真教授(神経内科)のチームが31日までに英科学誌電子版に発表した。京都大、慶応大との共同研究。マウスを使った実験で、原因 ...

RareS.コメント

指定難病のALSの原因の1つである「TDP43」という物質を除去する手法が、マウスの実験レベルで開発されました。

多くのALS患者の神経細胞には、TDP43という物質が異常な状態で蓄積されていることが知られており、症状を引き起こす1つの原因ではないかと言われています。 今回の実験で実証されたのは、異常TDP43に対して結合する抗体が、オートファジーやプロテアソームという不要物質の分解システムに対して目印として機能することで、異常TDP43が分解され、蓄積することが抑制され、一定程度の効果を示したことです。この手法は、異常物質の蓄積を一因としている他の神経・筋疾患に対しても有効な可能性があり、期待されています。ただし、今回の実験はマウスや細胞での実験であり、もしヒトに対して有効性があったとしても実用化するまで10年はかかることが予想されますが、結果次第では数年程度の前後が見込まれることもあり、期待したいところです。


続きはこちら

引用元:北海道新聞
タグ:筋萎縮性側索硬化症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking