RareS. | 認知症になった認知症専門医=長寿社会が問いかけるもの=「生きること」と「終わらせること」=聖市在住 毛利律子 - ニッケイ新聞

HOME > ニュース一覧 > 認知症になった認知症専門医=長寿社会が問いかけるもの=「生きること」と「終わらせること」=聖市在住 毛利律子 - ニッケイ新聞

認知症になった認知症専門医=長寿社会が問いかけるもの=「生きること」と「終わらせること」=聖市在住 毛利律子 - ニッケイ新聞

タグ:筋萎縮性側索硬化症
2018年05月23日 06時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

認知症になった認知症専門医=長寿社会が問いかけるもの=「生きること」と「終わらせること」=聖市在住 毛利律子 - ニッケイ新聞


この映画の監督は、映画企画の時点で筋萎縮性側索硬化症(運動ニューロン病の一種)に罹患していたが、助監督や多くのスタッフの支えを得て映画を完成させたという。その難病のせいだろうか。監督は、アルツハイマーの進行具合を淡々とドキュメンタリーのように映し出して ...


続きはこちら

引用元:ニッケイ新聞
タグ:筋萎縮性側索硬化症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking