RareS. | クレブシエラ菌の腸管内への定着が炎症性腸疾患などの発症に関与か-慶大ら - QLifePro医療ニュース

HOME > ニュース一覧 > クレブシエラ菌の腸管内への定着が炎症性腸疾患などの発症に関与か-慶大ら - QLifePro医療ニュース

クレブシエラ菌の腸管内への定着が炎症性腸疾患などの発症に関与か-慶大ら - QLifePro医療ニュース

タグ:クローン病
2017年10月24日 12時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

クレブシエラ菌の腸管内への定着が炎症性腸疾患などの発症に関与か-慶大ら - QLifePro医療ニュース


慶応大学は10月20日、腸内細菌叢の乱れに乗じて、口腔に存在するクレブシエラ菌が腸管内に定着することで、免疫細胞の過剰な活性化を引き起こし、クローン病や潰瘍性大腸炎といった炎症性腸疾患などの発症に関与する可能性があることを明らかにしたと発表した。


続きはこちら

引用元:QLifePro医療ニュース
タグ:クローン病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking