RareS. | 質の高い小児外科医療提供体制の構築―遠隔医療支援、自動診断アキネータとVRシミュレータ - ハフィントンポスト

HOME > ニュース一覧 > 質の高い小児外科医療提供体制の構築―遠隔医療支援、自動診断アキネータとVRシミュレータ - ハフィントンポスト

質の高い小児外科医療提供体制の構築―遠隔医療支援、自動診断アキネータとVRシミュレータ - ハフィントンポスト

タグ:胆道閉鎖症
2018年09月12日 18時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

質の高い小児外科医療提供体制の構築―遠隔医療支援、自動診断アキネータとVRシミュレータ - ハフィントンポスト


少子高齢社会と小児外科医. 現在、日本は世界に先んじて少子高齢社会に突入しています。そのような中でも先天性食道閉鎖症、先天性胆道閉鎖症 ... 小児外科医による治療が必要な子どもは毎年必ず一定数誕生しています。しかし、子どもの少ない地域においては経験を積ん ...

RareS.コメント

名古屋大学小児外科が、希少疾患や難病のような病気に対しても質の高い医療を全国で提供できることを目指して、遠隔医療支援体制による情報の共有や自動診断システムアキネータの構築を進めています。

患者数の少ない病気の場合、なかなか若手の小児科医はそうした子どもに出会うことがなく、経験を積むことができない一方、そうした病気の子を持つ親は経験のある医師に診てもらいたいと思い、結果として経験のある医師にますます集中していくことが起きていくと想像されます。そうした現実の中で、これからも全国で均一に質の高い医療の提供を実現していくために、リアルタイムに全国の小児外科医が患者さんの情報を共有することで、症例数の少ない疾患であってもその経験や経験豊富な医師による見解から若手の小児外科医が学ぶことができるのです。また、自動診断システムで危険を自動的に察知できることが期待されています。

希少疾患や難病は当事者にとっては間違いなく、イマ・ココの問題です。しかし同時に長期的な視点にたって、質の高い日本の医療をこれからも可能にさせていくことを考える必要があります。そうした意味で、今回の取り組みには期待していきたいですね、


続きはこちら

引用元:ハフィントンポスト
タグ:胆道閉鎖症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking