RareS. | 薬開発、患者が動く 当事者の目で治療法追求 - 日本経済新聞

HOME > ニュース一覧 > 薬開発、患者が動く 当事者の目で治療法追求 - 日本経済新聞

薬開発、患者が動く 当事者の目で治療法追求 - 日本経済新聞

タグ:結節性硬化症
2015年12月23日 06時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

薬開発、患者が動く 当事者の目で治療法追求 - 日本経済新聞


1万人から数万人に1人が発症するとされ、顔や内臓など様々な場所に腫瘍ができ、てんかん発作などの症状が出る結節性硬化症。患者の親ら450家族でつくる「TSつばさの会」(東京・世田谷)は顔の症状の抑制効果が見込まれる治療薬「シロリムス」開発への協力を始めた。


続きはこちら

引用元:日本経済新聞
タグ:結節性硬化症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking