RareS. | 転移性メルケル細胞がん患者に対するファーストライン治療としてのバベンチオ単剤療法、6ヶ月奏効持続率(DOR)83%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 転移性メルケル細胞がん患者に対するファーストライン治療としてのバベンチオ単剤療法、6ヶ月奏効持続率(DOR)83%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

転移性メルケル細胞がん患者に対するファーストライン治療としてのバベンチオ単剤療法、6ヶ月奏効持続率(DOR)83%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:メルケル細胞がん
2018年09月29日 16時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

転移性メルケル細胞がん患者に対するファーストライン治療としてのバベンチオ単剤療法、6ヶ月奏効持続率(DOR)83%を示す - がん情報サイト「オンコロ」


2018年9月13日、医学誌『JAMA Oncology』にてステージIV転移性メルケル細胞がん患者に対するファーストライン治療としての抗PD-L1抗体薬であるアベルマブ(商品名バベンチオ;以下バベンチオ)単剤療法の有効性、安全性を検証した第II相のJAVELIN Merkel 200(PART ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:メルケル細胞がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking