RareS. | 標準治療歴のある進行性固形がんに対する体幹部定位放射線治療(SBRT)+キイトルーダ、忍容性は良好で奏効率(RR)13.2%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 標準治療歴のある進行性固形がんに対する体幹部定位放射線治療(SBRT)+キイトルーダ、忍容性は良好で奏効率(RR)13.2%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

標準治療歴のある進行性固形がんに対する体幹部定位放射線治療(SBRT)+キイトルーダ、忍容性は良好で奏効率(RR)13.2%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:骨腫瘍
2018年03月28日 18時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

標準治療歴のある進行性固形がんに対する体幹部定位放射線治療(SBRT)+キイトルーダ、忍容性は良好で奏効率(RR)13.2%を示す - がん情報サイト「オンコロ」


また、体幹部定位放射線治療(SBRT)の放射線量は解剖学的位置により異なり、末梢肺、肝臓、腹部/骨盤で45Gy、中心肺、縦隔/頸部で50Gy、骨、脊柱/傍脊柱で30Gyである。 本試験に登録された患者背景は下記の通りである。年齢中央値62.0歳(19-89歳)、EGOG Performance Statusスコア0が47.9%(N ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:骨腫瘍

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking