RareS. | ネクサバール治療歴のあるAFP値400ng/mL以上の進行性肝細胞がん患者に対するサイラムザ、全生存期間(OS)と無増悪生存期間(PFS)を統計学的有意に改善する - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > ネクサバール治療歴のあるAFP値400ng/mL以上の進行性肝細胞がん患者に対するサイラムザ、全生存期間(OS)と無増悪生存期間(PFS)を統計学的有意に改善する - がん情報サイト「オンコロ」

ネクサバール治療歴のあるAFP値400ng/mL以上の進行性肝細胞がん患者に対するサイラムザ、全生存期間(OS)と無増悪生存期間(PFS)を統計学的有意に改善する - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:肝細胞がん
2018年04月16日 18時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

ネクサバール治療歴のあるAFP値400ng/mL以上の進行性肝細胞がん患者に対するサイラムザ、全生存期間(OS)と無増悪生存期間(PFS)を統計学的有意に改善する - がん情報サイト「オンコロ」


2018年4月4日、イーライリリー・アンド・カンパニーのプレスリリースにてベースラインのαフェトプロテイン(AFP)値が上昇している肝細胞がん患者の二次治療として抗VEGF抗体であるラムシルマブ(商品名サイラムザ;以下サイラムザ)+最善の支持療法(BSC)、又はプラセボ+最善の支持療法(BSC)の有効性を検証した第III相 ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:肝細胞がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking