RareS. | ALS原因を抗体で除去、京大・滋賀医大など手法開発…治療へ「大きな一歩」 - 読売新聞

HOME > ニュース一覧 > ALS原因を抗体で除去、京大・滋賀医大など手法開発…治療へ「大きな一歩」 - 読売新聞

ALS原因を抗体で除去、京大・滋賀医大など手法開発…治療へ「大きな一歩」 - 読売新聞

タグ:パーキンソン病
2018年06月22日 12時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

ALS原因を抗体で除去、京大・滋賀医大など手法開発…治療へ「大きな一歩」 - 読売新聞


アルツハイマー病やパーキンソン病など様々な神経難病でも、この手法が応用できる可能性があるという。チームの 漆谷真 ( うるしたにまこと ) ・滋賀医科大教授は「ALSの進行を抑える治療の実現に向けた大きな一歩だ。できるだけ早く患者に届けたい」と話している。 徳永 文稔 ...


続きはこちら

引用元:読売新聞
タグ:パーキンソン病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking