RareS. | 脳内圧力下げる機器で事故7件…脳出血、意識障害など重篤状態も - 読売新聞

HOME > ニュース一覧 > 脳内圧力下げる機器で事故7件…脳出血、意識障害など重篤状態も - 読売新聞

脳内圧力下げる機器で事故7件…脳出血、意識障害など重篤状態も - 読売新聞

タグ:脳腫瘍
2018年02月14日 15時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

脳内圧力下げる機器で事故7件…脳出血、意識障害など重篤状態も - 読売新聞


脳内の圧力を下げる医療機器の不適切な取り扱いで事故が複数あったため、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が医療者向けに注意を呼びかけている。 対象の医療機器は「開放式脳室ドレナージ」。脳腫瘍やくも膜下出血などの患者の脳に管を入れて、余分な脳脊髄液や血液を排出するために使われる。 そ ...


続きはこちら

引用元:読売新聞
タグ:脳腫瘍

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking