RareS. | 皮膚の反応や動作から異常パターンを解析するてんかん患者のため ...

HOME > ニュース一覧 > 皮膚の反応や動作から異常パターンを解析するてんかん患者のため ...

皮膚の反応や動作から異常パターンを解析するてんかん患者のため ...

タグ:パーキンソン病
2019年01月25日 14時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

皮膚の反応や動作から異常パターンを解析するてんかん患者のため ...

世の中にはてんかん発作に苦しむ人は意外と多い。一説によると、てんかん患者の数は自閉症スペクトラム、パーキンソン病、多発性硬化症および脳性麻痺の患者の合計を上回るとも言われている。 ここで紹介するのは、てんかん発作の管理に... 世の中に ...

RareS.コメント

近年様々なスマートウォッチが開発され、簡単にリアルタイムで体内の情報を高い精度で把握できるようになりました。そんな中でも、海外ではFDAに承認されたてんかん患者のためのスマートウォッチとして、「Embrace2」という商品が販売されています。

このデバイスは生理学的データを収集できる生体センサーにより、皮膚コンダクタンスや動作を識別し、リアルタイムに解析することで、どの程度の運動量でてんかん発作が生じるかということの記録をつけていき、自らの身体をよりよく理解していくことを手助けすることが期待されます。つまり、てんかんをうまく管理していくためのツールとして機能していくことが考えられます。

iPhone、Androidでこうしたデータを管理するアプリが作られており、さらに重度のてんかん発作が起きた場合介護者に自動的に連絡をするシステムも搭載されています。 様々なスマートウォッチが販売されているので、今後の動向に期待していきたいですね。


続きはこちら

引用元:techable.jp
タグ:パーキンソン病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking