RareS. | 少なくともPD-L1発現率1%以上の局所進行性又は転移性非小細胞肺がん患者に対する一次治療としてのキイトルーダ単剤療法、主要評価項目である全生存期間(OS)を ... - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 少なくともPD-L1発現率1%以上の局所進行性又は転移性非小細胞肺がん患者に対する一次治療としてのキイトルーダ単剤療法、主要評価項目である全生存期間(OS)を ... - がん情報サイト「オンコロ」

少なくともPD-L1発現率1%以上の局所進行性又は転移性非小細胞肺がん患者に対する一次治療としてのキイトルーダ単剤療法、主要評価項目である全生存期間(OS)を ... - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:肺がん
2018年04月10日 09時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

少なくともPD-L1発現率1%以上の局所進行性又は転移性非小細胞肺がん患者に対する一次治療としてのキイトルーダ単剤療法、主要評価項目である全生存期間(OS)を ... - がん情報サイト「オンコロ」


KEYNOTE-042試験とは、少なくともPD-L1発現率1%以上のEGFR遺伝子変異陰性ALK融合遺伝子変異陰性局所進行性又は転移性非小細胞肺がん患者(N=1274人)に対する一次治療として3週間に1回キイトルーダ200mgを投与する群、または治験医師判断による下記に示したプラチナ系抗がん剤2剤併用療法(カ ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:肺がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking