RareS. | 切除後の高悪性度子宮肉腫(間葉系腫瘍)患者に対する術後化学療法、経過観察に比べて全生存期間(OS)、無再発生存期間(RFS)を改善せず - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 切除後の高悪性度子宮肉腫(間葉系腫瘍)患者に対する術後化学療法、経過観察に比べて全生存期間(OS)、無再発生存期間(RFS)を改善せず - がん情報サイト「オンコロ」

切除後の高悪性度子宮肉腫(間葉系腫瘍)患者に対する術後化学療法、経過観察に比べて全生存期間(OS)、無再発生存期間(RFS)を改善せず - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:肉腫
2018年06月28日 14時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

切除後の高悪性度子宮肉腫(間葉系腫瘍)患者に対する術後化学療法、経過観察に比べて全生存期間(OS)、無再発生存期間(RFS)を改善せず - がん情報サイト「オンコロ」


2018年6月1日より5日までアメリカ合衆国・イリノイ州・シカゴで開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO 2018)にて、切除後の高悪性度子宮肉腫(間葉系腫瘍)患者に対する術後化学療法としてのドキソルビシン単剤療法後のゲムシタビン+ドセタキセル併用療法と経過観察の有効 ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:肉腫

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking