RareS. | 治療歴のある再発難治性胸腺上皮性腫瘍(TET)患者に対する抗PD-1抗体薬キイトルーダ単剤療法、全奏効率(ORR)21.2%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 治療歴のある再発難治性胸腺上皮性腫瘍(TET)患者に対する抗PD-1抗体薬キイトルーダ単剤療法、全奏効率(ORR)21.2%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

治療歴のある再発難治性胸腺上皮性腫瘍(TET)患者に対する抗PD-1抗体薬キイトルーダ単剤療法、全奏効率(ORR)21.2%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:胸腺がん
2018年07月06日 10時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

治療歴のある再発難治性胸腺上皮性腫瘍(TET)患者に対する抗PD-1抗体薬キイトルーダ単剤療法、全奏効率(ORR)21.2%を示す - がん情報サイト「オンコロ」


本試験は、少なくとも1レジメン以上のプラチナ系抗がん剤ベースの化学療法後に病勢進行(PD)した再発難治性胸腺上皮性腫瘍(TET)患者(N=33人,胸腺腫7人,胸腺がん26人)に対して3週に1回キイトルーダ200mg単剤療法を投与し、主要評価項目として全奏効率(ORR)、副 ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:胸腺がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking