RareS. | 創薬 ネット使い効率化 小児がん向け、佐賀・好生館などのグループ 世界中の端末活用し解析 - 西日本新聞

HOME > ニュース一覧 > 創薬 ネット使い効率化 小児がん向け、佐賀・好生館などのグループ 世界中の端末活用し解析 - 西日本新聞

創薬 ネット使い効率化 小児がん向け、佐賀・好生館などのグループ 世界中の端末活用し解析 - 西日本新聞

タグ:胚細胞腫瘍
2017年03月11日 13時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

創薬 ネット使い効率化 小児がん向け、佐賀・好生館などのグループ 世界中の端末活用し解析 - 西日本新聞


このため、副作用の少ない新薬の開発は成人よりも遅れているという。 研究対象は神経芽腫や脳腫瘍、腎臓腫瘍、生殖器などに影響する胚細胞腫瘍、肝臓がん、骨肉腫の6種類。ネットワークを活用し、それぞれの薬のもととなる人工物質で、腫瘍を悪化させる悪玉タンパク質の ...


続きはこちら

引用元:西日本新聞
タグ:胚細胞腫瘍

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking