RareS. | 共生社会みんなでつくる スマホアプリ 沖縄市で実験 車いすで調査 - 琉球新報

HOME > ニュース一覧 > 共生社会みんなでつくる スマホアプリ 沖縄市で実験 車いすで調査 - 琉球新報

共生社会みんなでつくる スマホアプリ 沖縄市で実験 車いすで調査 - 琉球新報

タグ:遠位型ミオパチー
2017年06月23日 13時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

共生社会みんなでつくる スマホアプリ 沖縄市で実験 車いすで調査 - 琉球新報


開発者はNPO法人「遠位型ミオパチー患者会」(PADM)の織田友理子代表(37)=千葉県。22歳で病気を発症し、26歳から車いすで生活する。以前は自身が訪れた場所のバリアフリー状況を動画サイトで配信していたが、「地元の人の情報がより詳しい」と、3年前から ...


続きはこちら

引用元:琉球新報
タグ:遠位型ミオパチー

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking