RareS. | 治療歴のある進行性非小細胞肺がん患者に対する抗PD-L1抗体薬テセントリク単剤療法増悪後にテセントリク単剤療法を継続投与、全生存期間(OS)12.7ヶ月を示す - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 治療歴のある進行性非小細胞肺がん患者に対する抗PD-L1抗体薬テセントリク単剤療法増悪後にテセントリク単剤療法を継続投与、全生存期間(OS)12.7ヶ月を示す - がん情報サイト「オンコロ」

治療歴のある進行性非小細胞肺がん患者に対する抗PD-L1抗体薬テセントリク単剤療法増悪後にテセントリク単剤療法を継続投与、全生存期間(OS)12.7ヶ月を示す - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:肺がん
2018年10月16日 16時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

治療歴のある進行性非小細胞肺がん患者に対する抗PD-L1抗体薬テセントリク単剤療法増悪後にテセントリク単剤療法を継続投与、全生存期間(OS)12.7ヶ月を示す - がん情報サイト「オンコロ」


2018年9月11日、医学誌『Journal of Thoracic Oncology』にて抗PD-L1抗体薬であるアテゾリズマブ(商品名テセントリク;以下テセントリク)単剤療法後に増悪した進行性非小細胞肺がん患者に対し、テセントリク継続投与の有効性を検証した後ろ向き試験の結果がUC Davis ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:肺がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking