RareS. | 【大日本住友製薬】パーキンソン病のオフ症状、舌下投与のフィルム製剤を米申請 - 薬事日報

HOME > ニュース一覧 > 【大日本住友製薬】パーキンソン病のオフ症状、舌下投与のフィルム製剤を米申請 - 薬事日報

【大日本住友製薬】パーキンソン病のオフ症状、舌下投与のフィルム製剤を米申請 - 薬事日報

タグ:パーキンソン病
2018年04月17日 06時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE


大日本住友製薬は、米国子会社「サノビオン・ファーマシューティカルズ」が、アポモルヒネ塩酸塩を有効成分として含有する舌下投与のフィルム製剤「APL-130277」について、「成人のパーキンソン病に伴う運動症状の日内変動(オフ症状)」を対象に米国申請を行った。 「APL-130277」は、2016年10月に買収した米ベンチ ...


続きはこちら

引用元:薬事日報
タグ:パーキンソン病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking