RareS. | パーキンソン病発症、細胞自食作用障害が関連 順天堂大など発見 - 日刊工業新聞

HOME > ニュース一覧 > パーキンソン病発症、細胞自食作用障害が関連 順天堂大など発見 - 日刊工業新聞

パーキンソン病発症、細胞自食作用障害が関連 順天堂大など発見 - 日刊工業新聞

タグ:パーキンソン病
2018年03月19日 05時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

パーキンソン病発症、細胞自食作用障害が関連 順天堂大など発見 - 日刊工業新聞


パーキンソン病 ドーパミン レビー小体 細胞. パーキンソン病発症、細胞自食作用障害が関連 順天堂大など発見. Tweet · シェア. (2018/3/19 05:00). 細胞内で不要なたんぱく質を分解、再利用する「オートファジー」(自食作用)の障害がパーキンソン病の発症に関連していることを、順天堂大学などの研究チー ...


続きはこちら

引用元:日刊工業新聞
タグ:パーキンソン病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking