RareS. | BRCA1/2遺伝子変異陽性早期乳がん患者に対する術前化学療法としてのPARP阻害薬タラゾパリブ、病理学的完全奏効率(pCR)53%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > BRCA1/2遺伝子変異陽性早期乳がん患者に対する術前化学療法としてのPARP阻害薬タラゾパリブ、病理学的完全奏効率(pCR)53%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

BRCA1/2遺伝子変異陽性早期乳がん患者に対する術前化学療法としてのPARP阻害薬タラゾパリブ、病理学的完全奏効率(pCR)53%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:乳がん(トリプルネガティブ)
2018年06月11日 18時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

BRCA1/2遺伝子変異陽性早期乳がん患者に対する術前化学療法としてのPARP阻害薬タラゾパリブ、病理学的完全奏効率(pCR)53%を示す - がん情報サイト「オンコロ」


また、病理学的完全奏効(pCR)またはRCB0を達成した患者はトリプルネガティブ乳がん患者8人を含む53%(N=10/19人)であった。なお、本試験に登録された20人の内1人の患者ではタラゾパリブによる効果が確認されなかったため、術前化学療法として他の治療が実施され ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:乳がん(トリプルネガティブ)

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking