RareS. | 分身ロボットが接客するカフェオープンへ - 毎日新聞

HOME > ニュース一覧 > 分身ロボットが接客するカフェオープンへ - 毎日新聞

分身ロボットが接客するカフェオープンへ - 毎日新聞

タグ:筋萎縮性側索硬化症
2018年08月22日 17時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

分身ロボットが接客するカフェオープンへ - 毎日新聞


日本財団は22日、11月26日から12月7日までの2週間限定で、身体を動かすのが難しい筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者や重度障害の人たちが、遠隔操作ロボットを使って、接客を行う「分身ロボットカフェ DAWN ver.ベータ」を日本財団ビル1階(東京都港区赤坂1)に ...


RareS.コメント

先日遠隔操作型の分身ロボット「OriHime」を使って働くロボットテレワークのモニター募集のニュースをお伝えしましたが、同じく「OriHime」を用いたカフェが赤坂で11月26日から12月7日までの2週間限定でオープンすることが発表されました。

オリィ研究所が開発している「OriHime」や「OriHime-D」を、ALS患者や重度障害者が操作して接客をおこなう予定で、距離や身体的問題を持っていても新たな就労機会を得られることを目指して実験カフェとしてオープンし、今後にむけた課題の検証もおこなっていくということです。

このような活動が行われ、注目されることで社会的理解が進むことは予想されますが、日常的に行われていくにはまたもう1段別のハードルがあるのかもしれません。しかし、今回の試みは「2020年東京五輪・パラリンピックでは、このような技術を使って我々も『おもてなし』をできるようになりたい」という目標を持っており、もし実現すれば、強烈な印象とともにさらなるその1段を駆け上がることも夢ではないのかもしれません。また、2020年の東京パラリンピックにむけて、様々な角度から障害者や病気を持っている方が注目されています。はたして、2020年を超えた日本は、障害や病気に対してどのような国になっているのでしょうか、楽しみですね。


続きはこちら

引用元:毎日新聞
タグ:筋萎縮性側索硬化症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking