RareS. | 武田 TiGenix社買収へ 消化器領域の開発品拡充で クローン病重症合併症の細胞治療薬、18年中に国内開発着手 - ミクスOnline

HOME > ニュース一覧 > 武田 TiGenix社買収へ 消化器領域の開発品拡充で クローン病重症合併症の細胞治療薬、18年中に国内開発着手 - ミクスOnline

武田 TiGenix社買収へ 消化器領域の開発品拡充で クローン病重症合併症の細胞治療薬、18年中に国内開発着手 - ミクスOnline

タグ:クローン病
2018年01月09日 03時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE


武田薬品は1月5日、ベルギーで細胞治療薬の研究開発を手掛けるバイオベンチャーのTiGenix社を買収することで合意したと発表した。重点の消化器領域の後期開発品の拡充が主な狙い。現在、クローン病に伴う肛囲複雑瘻孔の治療薬として「Cx601」が欧州医薬品評価委員会(CHMP)で販売許可推奨の見解が示 ...




続きはこちら

引用元:ミクスOnline
タグ:クローン病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking