RareS. | 閉経前ホルモン受容体陽性HER2陰性進行性乳がんに対するCDK4/6阻害剤リボシクリブ+ホルモン療法、無増悪生存期間(PFS)を統計学的有意に延長する - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 閉経前ホルモン受容体陽性HER2陰性進行性乳がんに対するCDK4/6阻害剤リボシクリブ+ホルモン療法、無増悪生存期間(PFS)を統計学的有意に延長する - がん情報サイト「オンコロ」

閉経前ホルモン受容体陽性HER2陰性進行性乳がんに対するCDK4/6阻害剤リボシクリブ+ホルモン療法、無増悪生存期間(PFS)を統計学的有意に延長する - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:乳がん
2018年05月31日 09時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

閉経前ホルモン受容体陽性HER2陰性進行性乳がんに対するCDK4/6阻害剤リボシクリブ+ホルモン療法、無増悪生存期間(PFS)を統計学的有意に延長する - がん情報サイト「オンコロ」


2018年5月24日、『THE LANCET Oncology』にて閉経前ホルモン受容体陽性HER2陰性進行性乳がん患者に対するCDK4/6阻害剤であるリボシクリブ(商品名Kisqali)+ホルモン療法併用療法の有効性を検証した第III相のMONALEESA-7試験(NCT02278120)の結果がMD ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:乳がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking