RareS. | 大腸がん、治療開発へ一歩 抑制遺伝子阻害の働き発見 京大・滋賀医大チーム /京都 - 毎日新聞

HOME > ニュース一覧 > 大腸がん、治療開発へ一歩 抑制遺伝子阻害の働き発見 京大・滋賀医大チーム /京都 - 毎日新聞

大腸がん、治療開発へ一歩 抑制遺伝子阻害の働き発見 京大・滋賀医大チーム /京都 - 毎日新聞

タグ:大腸がん
2018年04月24日 15時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

大腸がん、治療開発へ一歩 抑制遺伝子阻害の働き発見 京大・滋賀医大チーム /京都 - 毎日新聞


その過程でヒトの大腸がん組織で強く発現していることを確認した。大腸がんのモデルマウスでナルディライジンの機能を喪失させると、腫瘍形成が抑制された。逆に、ナルディライジンを過剰に発現させると、腫瘍形成が増え、生存率も半分程度になった。 ヒトのがんでは約半数でp53の変異があり、ナルディライジンとの関連 ...


続きはこちら

引用元:毎日新聞
タグ:大腸がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking