RareS. | 猫派だった女性が保護犬を迎えた理由 心臓病を抱えたバークレーと ...

HOME > ニュース一覧 > 猫派だった女性が保護犬を迎えた理由 心臓病を抱えたバークレーと ...

猫派だった女性が保護犬を迎えた理由 心臓病を抱えたバークレーと ...

タグ:僧帽弁閉鎖不全症
2019年03月14日 11時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

猫派だった女性が保護犬を迎えた理由 心臓病を抱えたバークレーと ...

ただ、当時のバークレーは推定9歳。しかも「僧帽弁閉鎖不全症」という心臓病を抱えていました。継続的な治療や投薬が必要な犬は敬遠されがちです。譲渡センターにはほかにも複数の保護犬がいたはずなのに、なぜバークレーを選んだのでしょうか。
続きはこちら

引用元:デイリースポーツonline
タグ:僧帽弁閉鎖不全症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking