RareS. | BRAF遺伝子変異の存在は切除後大腸がん肝転移患者における無病生存率(DFS)、全生存率(OS)のリスク因子である - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > BRAF遺伝子変異の存在は切除後大腸がん肝転移患者における無病生存率(DFS)、全生存率(OS)のリスク因子である - がん情報サイト「オンコロ」

BRAF遺伝子変異の存在は切除後大腸がん肝転移患者における無病生存率(DFS)、全生存率(OS)のリスク因子である - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:大腸がん
2018年05月31日 18時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

BRAF遺伝子変異の存在は切除後大腸がん肝転移患者における無病生存率(DFS)、全生存率(OS)のリスク因子である - がん情報サイト「オンコロ」


2018年5月16日、医学誌『JAMA Surgery』にて切除後大腸がん肝転移患者におけるBRAF遺伝子変異の有無が無病生存率(DFS rate)、全生存率(OS rate)に影響を与えるかどうかについて検証したコーホート研究の結果がJohns Hopkins University School of ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:大腸がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking