RareS. | EGFRチロシンキナーゼ阻害薬治療中に髄膜播種を発症したEGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がんに対する二次治療としてのタルセバ、全生存期間(OS)8ヶ月を示す - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > EGFRチロシンキナーゼ阻害薬治療中に髄膜播種を発症したEGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がんに対する二次治療としてのタルセバ、全生存期間(OS)8ヶ月を示す - がん情報サイト「オンコロ」

EGFRチロシンキナーゼ阻害薬治療中に髄膜播種を発症したEGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がんに対する二次治療としてのタルセバ、全生存期間(OS)8ヶ月を示す - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:非小細胞肺がん
2018年05月02日 10時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

EGFRチロシンキナーゼ阻害薬治療中に髄膜播種を発症したEGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がんに対する二次治療としてのタルセバ、全生存期間(OS)8ヶ月を示す - がん情報サイト「オンコロ」


2018年4月11日より4月14日までスイス・ジュネーブで開催されている第8回欧州肺癌学会議(ELCC 2018)にて、髄膜播種合併EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がん患者に対する二次治療としてのエルロチニブ(商品名タルセバ;以下タルセバ)単剤療法などEGFRチロシンキナーゼ阻害薬の有効性を検証した試 ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:非小細胞肺がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking