RareS. | ホルモン受容体陽性転移性乳がん 高度個別化免疫療法とPD-1抗体の組み合わせで2年近く完治状態を維持してる1症例 - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > ホルモン受容体陽性転移性乳がん 高度個別化免疫療法とPD-1抗体の組み合わせで2年近く完治状態を維持してる1症例 - がん情報サイト「オンコロ」

ホルモン受容体陽性転移性乳がん 高度個別化免疫療法とPD-1抗体の組み合わせで2年近く完治状態を維持してる1症例 - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:消化管間質腫瘍
2018年06月07日 00時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

ホルモン受容体陽性転移性乳がん 高度個別化免疫療法とPD-1抗体の組み合わせで2年近く完治状態を維持してる1症例 - がん情報サイト「オンコロ」


治療前に右乳房の病変を急速に増大させていた、TILの資源として採取した腫瘍は、PD-L1陽性の間質を伴うCD3陽性PD-1陽性T細胞が豊富に存在していたが、腫瘍細胞にはPD-L1は発現していなかったというのが理由の1つである。複数の治療に抵抗性を示していた ... 本報告は、332名の消化管がん、尿路 ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:消化管間質腫瘍

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking