RareS. | ホルモン受容体陽性閉経後早期乳がんに対する術後化学療法としてのアロマターゼ阻害薬5年間投与、5年無病生存率(DFS)はタモキシフェン2年投与後のアロマターゼ ... - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > ホルモン受容体陽性閉経後早期乳がんに対する術後化学療法としてのアロマターゼ阻害薬5年間投与、5年無病生存率(DFS)はタモキシフェン2年投与後のアロマターゼ ... - がん情報サイト「オンコロ」

ホルモン受容体陽性閉経後早期乳がんに対する術後化学療法としてのアロマターゼ阻害薬5年間投与、5年無病生存率(DFS)はタモキシフェン2年投与後のアロマターゼ ... - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:骨腫瘍
2018年04月18日 10時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

ホルモン受容体陽性閉経後早期乳がんに対する術後化学療法としてのアロマターゼ阻害薬5年間投与、5年無病生存率(DFS)はタモキシフェン2年投与後のアロマターゼ ... - がん情報サイト「オンコロ」


年齢中央値は64.0歳(58-71歳)、 原発腫瘍の大きさと広がり(T因子)はpT1が70%(N=2586/3697人)、腋窩リンパ節転移(N因子)pN0が64%(N=2378/3697人)、乳がんのサブタイプ分類としてHER2陽性9%(N=330/3697人)。前治療歴として術前化学療法、または術後化学療法を受けていた患者38%(N=1415人 ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:骨腫瘍

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking