RareS. | ネクサバール治療歴のある進行性肝細胞がん患者に対するカボザンチニブ単剤療法、全生存期間(OS)、無増悪生存期間(PFS)ともに統計学有意に延長する - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > ネクサバール治療歴のある進行性肝細胞がん患者に対するカボザンチニブ単剤療法、全生存期間(OS)、無増悪生存期間(PFS)ともに統計学有意に延長する - がん情報サイト「オンコロ」

ネクサバール治療歴のある進行性肝細胞がん患者に対するカボザンチニブ単剤療法、全生存期間(OS)、無増悪生存期間(PFS)ともに統計学有意に延長する - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:肝細胞がん
2018年07月10日 14時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

ネクサバール治療歴のある進行性肝細胞がん患者に対するカボザンチニブ単剤療法、全生存期間(OS)、無増悪生存期間(PFS)ともに統計学有意に延長する - がん情報サイト「オンコロ」


2018年7月5日、医学誌『The New England Journal of Medicine』にて進行性肝細胞がん患者に対する血管内皮増殖因子受容体(VEGFR)、MET、AXLなどのチロシンキナーゼ阻害薬であるカボザンチニブ単剤療法の有効性を検証した第III相のCELESTIAL ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:肝細胞がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking