RareS. | 好きな人と両想いになった矢先、難病・ALSと診断――『10万分の1』実写化決定に大反響 - ダ・ヴィンチニュース

HOME > ニュース一覧 > 好きな人と両想いになった矢先、難病・ALSと診断――『10万分の1』実写化決定に大反響 - ダ・ヴィンチニュース

好きな人と両想いになった矢先、難病・ALSと診断――『10万分の1』実写化決定に大反響 - ダ・ヴィンチニュース

タグ:筋萎縮性側索硬化症
2018年10月03日 17時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

好きな人と両想いになった矢先、難病・ALSと診断――『10万分の1』実写化決定に大反響 - ダ・ヴィンチニュース


筋萎縮性側索硬化症(ALS)という難病をテーマにした同作。莉乃は、中学から仲良しグループの男子・蓮に恋心を抱いていた。そんなある日、両想いだったことが発覚して2人は付き合うことに。幸せの絶頂にいた莉乃だったが、身体が思い通りに動かなくなっていた。病院で診断 ...


続きはこちら

引用元:ダ・ヴィンチニュース
タグ:筋萎縮性側索硬化症

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking