RareS. | 生命科学を変える(5) ゲノム編集で難病治療 - 読売新聞

HOME > ニュース一覧 > 生命科学を変える(5) ゲノム編集で難病治療 - 読売新聞

生命科学を変える(5) ゲノム編集で難病治療 - 読売新聞

タグ:ウェルナー症候群
2016年12月14日 10時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

生命科学を変える(5) ゲノム編集で難病治療 - 読売新聞


広島大准教授の嶋本顕(51)も、国内で4万人に1人が発症するとされ、急激に老化が進む早老症「ウェルナー症候群」の患者に、iPS細胞とゲノム編集を組み合わせる治療構想を練る。 成熟した細胞から受精卵に近い状態まで戻るiPS細胞は、“若返った細胞”と言える。


続きはこちら

引用元:読売新聞
タグ:ウェルナー症候群

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking