RareS. | 2030年に再び危機が訪れる可能性 「ニッポン国VS泉南石綿村」ドキュメンタリーの鬼才が見たアスベスト訴訟 - ハフィントンポスト

HOME > ニュース一覧 > 2030年に再び危機が訪れる可能性 「ニッポン国VS泉南石綿村」ドキュメンタリーの鬼才が見たアスベスト訴訟 - ハフィントンポスト

2030年に再び危機が訪れる可能性 「ニッポン国VS泉南石綿村」ドキュメンタリーの鬼才が見たアスベスト訴訟 - ハフィントンポスト

タグ:中皮腫
2018年01月12日 15時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

2030年に再び危機が訪れる可能性 「ニッポン国VS泉南石綿村」ドキュメンタリーの鬼才が見たアスベスト訴訟 - ハフィントンポスト


しかし、ひとたび体内に吸い込むと、肺がんや中皮腫を発症させる危険性を秘めており、潜伏期間は数十年とも言われている。いつしか、「静かな時限爆弾」と例えられるようになった。 その危険性は70年以上前から把握されていたが、すでに幅広い分野で活用されていたこともあり、国は規制や対策を後回しにしてきた。つ ...


続きはこちら

引用元:ハフィントンポスト
タグ:中皮腫

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking