RareS. | 肝限局転移を有するRAS遺伝子野生型大腸がんに対するmFOLFOX6+アバスチン、mFOLFOX6+アービタックスに比べて主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)に ... - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 肝限局転移を有するRAS遺伝子野生型大腸がんに対するmFOLFOX6+アバスチン、mFOLFOX6+アービタックスに比べて主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)に ... - がん情報サイト「オンコロ」

肝限局転移を有するRAS遺伝子野生型大腸がんに対するmFOLFOX6+アバスチン、mFOLFOX6+アービタックスに比べて主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)に ... - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:皮膚腫瘍
2018年03月05日 11時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

肝限局転移を有するRAS遺伝子野生型大腸がんに対するmFOLFOX6+アバスチン、mFOLFOX6+アービタックスに比べて主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)に ... - がん情報サイト「オンコロ」


ATOM試験とは、肝転移巣が5個以上あるいは/かつ肝転移巣の最大径が5cmを超える肝限局転移を有するRAS遺伝子野生型大腸がん患者(N=120人)に対して2週間に1回の投与間隔でmFOLFOX6+アバスチン併用療法を投与する群、または2週間に1回の投与間隔でmFOLFOX6+アービタックス併用療法を投与する群 ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:皮膚腫瘍

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking