RareS. | 治療歴のある転移性腎細胞がん患者に対するグルタミナーゼ阻害薬CB-839+カボザンチニブ併用療法、FDAよりファストトラック指定を受ける - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 治療歴のある転移性腎細胞がん患者に対するグルタミナーゼ阻害薬CB-839+カボザンチニブ併用療法、FDAよりファストトラック指定を受ける - がん情報サイト「オンコロ」

治療歴のある転移性腎細胞がん患者に対するグルタミナーゼ阻害薬CB-839+カボザンチニブ併用療法、FDAよりファストトラック指定を受ける - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:腎細胞がん
2018年05月07日 13時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

治療歴のある転移性腎細胞がん患者に対するグルタミナーゼ阻害薬CB-839+カボザンチニブ併用療法、FDAよりファストトラック指定を受ける - がん情報サイト「オンコロ」


本試験の結果、前治療平均レジメン数3レジメンの進行性腎細胞がん患者に対するCB-839+カボザンチニブ併用療法は客観的奏効率(ORR)40%を示し、病勢コントロール率(DCR)は100%を示した。一方の安全性については既存のカボザンチニブの安全性プロファイルと一致していた。 そして、現在は少なくともVEGF阻害薬 ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:腎細胞がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking