RareS. | 抗PD-1/PD-L1抗体薬治療歴のある進行性非小細胞肺がん患者において急速な腫瘍増大(HPD)が確認された場合、死亡リスクが増加する - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 抗PD-1/PD-L1抗体薬治療歴のある進行性非小細胞肺がん患者において急速な腫瘍増大(HPD)が確認された場合、死亡リスクが増加する - がん情報サイト「オンコロ」

抗PD-1/PD-L1抗体薬治療歴のある進行性非小細胞肺がん患者において急速な腫瘍増大(HPD)が確認された場合、死亡リスクが増加する - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:有棘細胞がん
2018年09月26日 10時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

抗PD-1/PD-L1抗体薬治療歴のある進行性非小細胞肺がん患者において急速な腫瘍増大(HPD)が確認された場合、死亡リスクが増加する - がん情報サイト「オンコロ」


肺がんの組織学的分類は非扁平上皮癌72.4%。抗PD-1/PD-L1抗体薬の治療ステータスは二次治療以降の単剤療法が92.9%(N=377人)。フォローアップ期間中央値は12.1ヶ月(95%信頼区間:10.1-13.8ヶ月)。 以上の背景を有する患者に対する本試験の結果は下記の通りで ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:有棘細胞がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking