RareS. | HER2陽性早期乳がん患者に対する術後化学療法としてのハーセプチン6ヶ月間投与、12ヶ月間投与に対して主要評価項目である無病生存率(DFS)の非劣勢を証明する - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > HER2陽性早期乳がん患者に対する術後化学療法としてのハーセプチン6ヶ月間投与、12ヶ月間投与に対して主要評価項目である無病生存率(DFS)の非劣勢を証明する - がん情報サイト「オンコロ」

HER2陽性早期乳がん患者に対する術後化学療法としてのハーセプチン6ヶ月間投与、12ヶ月間投与に対して主要評価項目である無病生存率(DFS)の非劣勢を証明する - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:乳がん
2018年05月18日 10時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

HER2陽性早期乳がん患者に対する術後化学療法としてのハーセプチン6ヶ月間投与、12ヶ月間投与に対して主要評価項目である無病生存率(DFS)の非劣勢を証明する - がん情報サイト「オンコロ」


2018年5月16日、2018年6月1日より5日までアメリカ合衆国・イリノイ州・シカゴで開催される米国癌治療学会議(ASCO 2018)に先立って行われた報道解禁プレスキャストにて、HER2陽性早期乳がん患者に対する術後化学療法に追加でトラスツズマブ(商品名ハーセプチン; ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:乳がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking