RareS. | 未治療転移性メルケル細胞がん患者に対する抗PD-L1抗体薬バベンチオ、無増悪生存期間(PFS)中央値は9.1ヶ月を示す - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 未治療転移性メルケル細胞がん患者に対する抗PD-L1抗体薬バベンチオ、無増悪生存期間(PFS)中央値は9.1ヶ月を示す - がん情報サイト「オンコロ」

未治療転移性メルケル細胞がん患者に対する抗PD-L1抗体薬バベンチオ、無増悪生存期間(PFS)中央値は9.1ヶ月を示す - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:皮膚腫瘍
2018年04月17日 18時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

未治療転移性メルケル細胞がん患者に対する抗PD-L1抗体薬バベンチオ、無増悪生存期間(PFS)中央値は9.1ヶ月を示す - がん情報サイト「オンコロ」


人種は白人84.6%(N=33人)、黒人2.6%(N=1人)、その他12.9%(N=5人)。ECOG Performance Statusはスコア0が79.5%(N=31人)、スコア1が20.5%(N=8人)。 原発腫瘍部位は皮膚100%(N=39人)。ベースライン時の他臓器転移の有無はあり66.7%(N=26人)、なし20.5%(N=8人)、不明12.8%(N=5人)。化 ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:皮膚腫瘍

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking