RareS. | iPS細胞使い 難病治療研究…病気再現 新薬開発促す - 読売新聞

HOME > ニュース一覧 > iPS細胞使い 難病治療研究…病気再現 新薬開発促す - 読売新聞

iPS細胞使い 難病治療研究…病気再現 新薬開発促す - 読売新聞

タグ:遠位型ミオパチー
2013年07月11日 15時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

iPS細胞使い 難病治療研究…病気再現 新薬開発促す - 読売新聞


文部科学省と厚生労働省は昨年度、患者数が少ない難病の薬を研究する事業を始めた。京大や大阪大など5研究室を拠点に指定し、50の厚労省研究班と連携する。筋力が徐々に衰える「遠位型ミオパチー」や、ホルモンの分泌異常が起きる「間脳下垂体機能障害」などが研究 ...


続きはこちら

引用元:読売新聞
タグ:遠位型ミオパチー

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking