RareS. | 『死の島』小池真理子著 人間にとって真の救いとは - 産経ニュース

HOME > ニュース一覧 > 『死の島』小池真理子著 人間にとって真の救いとは - 産経ニュース

『死の島』小池真理子著 人間にとって真の救いとは - 産経ニュース

タグ:腎細胞がん
2018年05月06日 11時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

『死の島』小池真理子著 人間にとって真の救いとは - 産経ニュース


澤は定年退職したあと、カルチャーセンターで小説講座をもち、週3回小説の書き方を教えてきたが、腎細胞がんが見つかり手術。3年後、腰椎に転移性のがんが見つかり、講座の終了をきめ、自分の死をいかに迎えるかについて考えを巡らすようになる。 そんな澤に、彼を崇拝する ...


続きはこちら

引用元:産経ニュース
タグ:腎細胞がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking